裏箱根 ウラハコ通信

元箱根・芦ノ湖周辺の知る人ぞ知る「裏」箱根の魅力に迫る

真夏の夜の夢 ウラハコは関東有数の避暑地

かけがえのない一生モノの出会い【リゾバ.com】

クリンゲルベア【公式】 | 箱根・芦ノ湖 静かな森の中のセルフチェックインホテル ...https://klingelbaer.jp

 

ウラハコの夏休み!

 

ウラハコはベストシーズンを迎え、絶好調❣

 

一年のうちで、一番気持ちのいい涼やかな湖畔の夏。

 

芦ノ湖

7月末〜8月上旬までは

芦ノ湖で毎晩花火大会が行われた。

 

今年も、日本各地の花火大会は中止のところも多かった。

 

箱根の神事でもある花火。

芦ノ湖畔の地域を分散して

数日で各15〜20分の小規模開催のため

無事に決行することが出来た。

 

この花火を呼び水に

ふだんはひっそりと静かなウラハコも

活気がよみがえり

わがクリンゲルベアの邸内も賑やかになった。

連日、BBQやダイニングで食事会

うちの“さみしんぼう”

クリンゲルベア君もウキウキしているやうにも見える。

 

これは、見知らぬベア君でした。

 

 

しかし、本格的なお盆休みに

ひとつの試練もやって来た。

 

箱根の天敵

お騒がせな台風「メアリー」が

よりによってお盆休みめがけてやって来た。

 

数年前の台風19号の甚大な被害が記憶に生々しく

吾輩たちは、強まる雨と風に戦々恐々としていた。

どうか、土砂災害が起きませんやうに…!

 

メアリーは

ウラハコに優しかった。

被害もなく

無事にきりぬけることが出来た。

それどころか

この数週間、涸れていた

沢の流れを復活させて

毒々しい泥の濁流を

丸一日で洗い流したあと

美しく涼し気な元のせせらぎに戻し

避暑地の雰囲気をいっそう盛り上げてくれたのだった。

メアリー、なかなか善きな計らいをしてくれたね。

 

というわけで

クリンゲルベアは

元気に営業中でござい。

 

 

ウラハコは関東有数の避暑地

避暑地と名高い箱根芦ノ湖

それでも、夏は夏だった。

日中は、さすがに強い日差しを浴びて身体を動かすと

「暑いな」と感じる。

湿度が常時70%を軽く超えるため

結構、ムシムシはする。

 

とはいえ、ウラハコの最高気温は

どんなに高い日でも26℃。

エアコンの設定温度より低いのだった。

35〜40℃近くを記録更新中の関東地方のなかでも

格段の過ごしやすさ。

 

朝晩も同様で

ウラハコの夜は意外に冷える

日没後は

18℃まで一気に下がる。

人によっては、薄手の長袖の服がほしくなるほどだ。

 

夜になると

夏掛けふとんやタオルケットでは

ちょっと心もとないくらいの涼しさ。

真夏の夜

夢うつつに思わず「寒っ!」と目が冷めるほど

ああ、山の上なんだなぁと実感するときだ。

 

さて、話は変わり

定額多拠点サービスの拠点としての運営が始まって

まもなくこの9月で一周年になる。

 

いやはや、あっという間のやうな…長かったやうな。

都会から移住してきた

主殿と吾輩にとっては

中身の濃い

なかなか味わい深い一年だった。

 

今や多くのお客人に愛され

人気者になれたことは大変光栄でござい。

箱根の夏は短いが

本当に魅力的だと心から思ふ。

ぜひ、避暑においでませ。

 

東京から、ロマンスカーで約一時間

小田原、御殿場から車で約30分

都会の喧騒と猛暑からの、つかの間の避難

 

今後ともクリンゲルベア

ならびにウラハコを

よろしくお願いしやす。

 

ウラハコから、こんにちは。

 

 

 

クリンゲルベア【公式】 | 箱根・芦ノ湖 静かな森の中のセルフチェックインホテル ...https://klingelbaer.jp

 

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

【Yahoo!トラベル】取り扱い施設数が約17000施設!!国内最大級宿泊予約サイト

かけがえのない一生モノの出会い【リゾバ.com】

ウラハコの天気は山の天気

クリンゲルベア【公式】 | 箱根・芦ノ湖 静かな森の中のセルフ ...https://klingelbaer.jp

テラスから見える木々の緑

 

箱根町は本当に広いところである。

 

吾輩の住む箱根芦ノ湖「ウラハコ」は

 

標高800m程の山間部

 

山の天気は変わりやすい。

 

朝、晴れていても

 

あっという間に雲や霧が出て

 

様子が一変することもある。

 

 

箱根の天気を調べるときには

 

少し注意が必要である。

 

 

天気予報で表示される「箱根町の天気」というのは

 

おおむね、箱根山の麓にあたる

 

箱根湯本から中腹の強羅あたりまでの天気を指すことが多い。

 

 

ということは

 

こちら山間部の天気とは

 

当然、違ってくると認識しておくとよい。

 

 

なので、天気が気になるときは

 

「仙石原」や「芦ノ湖」等

 

スポット検索で天気を調べた方がよい。

 

 

うっかり麓の天気を想定して来ると

 

あらら、ちょっと違うぞと焦ることになる。

 

 

気温についても知っておいてほしいのだが、

 

麓より最低でも5、6度は低めである。

 

これは、夏でも同様。

 

ウラハコが避暑地として栄えた所以でもある。

 

夏場、下界(吾輩は平地を「下界」と呼んでいる)がどんなに

 

猛暑で凄まじいときでも

 

ウラハコ界隈は、日中でも、日陰は涼しかったりする。

 

 

もちろん、山の上なので

 

日差しは強烈

 

紫外線強いので

 

それなりの対策は必要であるが

 

日陰でまったりする分には大変涼しく過ごせる。

 

 

もう一点、注視するポイント。

 

強羅地区から上は

 

特に芦ノ湖に近づくにつれ

 

驚異的な湿度の地域となる。

 

通年、70%前後の高い湿度なので

 

くせ毛の人

 

湿度が体質的、体感的に苦手な人は

 

気をつけた方がよい。

 

 

もちろん、邸内に入れば

 

エアコン・除湿空気清浄機を完備しており、

 

お部屋では快適に過ごせると思う。

 

 

夏場がそういうことなので

 

冬場は、かなり寒くなる。

 

降雪の翌朝の中庭

これは、今年の2月に降った関東の雪

ウラハコではこんな感じのドカ雪となった

 

春先になっても雪が溶け残った場所もある。

 

冬場の気温は氷点下になり

 

路面は凍結

 

水道も凍結

 

立ち寄り湯や宿泊施設も

 

冬季休館のところもあるので要注意である。

 

 

寒さに強く

 

人もまばらなウラハコで

 

ひたすら静寂を楽しみたい方には大変良き冬眠場所である。

 

 

 

ということで、

 

今回は箱根の天気というお題で

 

ご紹介させてもらった。

 

天気情報を注意深く調べてから

 

旅の支度をなさってくだされ。

 

ウラハコから、こんにちは。

 

ゴルフ場予約

 

ホテル比較サイト【ホテルズコンバインド】

 

【Yahoo!トラベル】取り扱い施設数が約17000施設!!国内最大級宿泊予約サイト

 

クリンゲルベア【公式】 | 箱根・芦ノ湖 静かな森の中のセルフ ...https://klingelbaer.jp

テラスは避暑地の装い

クリンゲルベア【公式】 | 箱根・芦ノ湖 静かな森の中のセルフチェックインホテル

 

ここは箱根芦ノ湖のほとり

 

クリンゲルベア

 

ウラハコの朝は早い。

 

夏場は早朝から鳥の声で

 

誠に賑やかである。

 

 

信じられるかね?

 

7月に入っても

 

毎朝、ウグイスのさえずりを聞くことが出来るなんて!

 

 

飼い主殿がモーニングルーティンを終える頃

 

吾輩は主殿をテラスで待ち構える。

 

ウグイスたちのさえずりを聞きながら

 

森の中の朝食タイムである。

 

もうすっかり日は高くなり

 

午前8時の太陽が上がるまでの涼しい時間に

 

ゆっくりテラスでいただく朝食とコーヒーは

 

一日のなかで最高の瞬間である。

 

クリンゲルベア テラス

と主殿は言っている。

 

 

吾輩は茶を嗜むことはないが

 

姿を見せず声だけする

 

小鳥に聞き耳を立てながら

 

まったりと高原の涼風を満喫する。

 

さすがに、日が高くなると

 

虫の動きも活発になるし

 

ハチなどの

 

吾輩の天敵も出てくるので野外からは早めに撤収するが

 

この朝の空気を胸いっぱい吸い込むだけで

 

今日一日が素晴らしいものになるような気がするのだ。

 

 

高原の朝は清々しい

 

ぜひ朝散歩をおすすめする。

 

近くの林道は

 

芦ノ湖の湖畔まで歩いて10分ほどで行ける。

 

芦ノ湖・桃源台へ続く林道

 

緑萌ゆる季節は

 

昼でも少し薄暗いほどだが

 

苔むす柔らかい道を歩く感触は

 

とても気持ちがいい。

 

この道を進むと

 

箱根ロープウェイと海賊遊覧船の

 

桃源台ターミナルに出ることが出来る。

 

ターミナルで軽食をとったり

 

お土産屋さんをひやかすのも面白い。

 

そして夕暮れ時には

 

ヒグラシの大合唱も聞ける。

ヒグラシ

小鳥の声と勘違いする旅人もいるくらいの美しい音色である。

吾輩はこの音色を聞くたびにうっとりする。

 

 

森と湖の国には

 

ルールもある。

 

早朝や日没後は

 

イノシシやシカ

 

最近ではクマも出没するから

 

十分、注意が必要である。

 

光りや大きな音の出るものを携帯した方がよいそうだ。

 

 

ここは自然の宝庫

 

いろいろな出会いがある。

 

森と湖の国のルールに則り

 

贅沢な時間を満喫してほしい。

 

ウラハコから、こんにちは。

 

ゴルフ場予約

【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集

 

楽天トラベル(レンタカー)

裏箱根 ウラハコからこんにちは

クリンゲルベア【公式】 | 箱根・芦ノ湖 静かな森の中のセルフチェックインホテル

 

富士山と箱根ロープウェイ

 

吾輩は毎日こんなふうな景色を見ている。

 

なんちゃって、

 

これは「箱根」とググったら出てきた写真である。

 

でも、吾輩の住む場所からは、ほぼこんなふうに

 

お天気に恵まれれば

 

富士山に会える。

 

 

そして雨の日も風の日も

 

静けさを湛えた芦ノ湖を見下ろす

 

坂の途中の大きな洋館。

 

クリンゲルベア

 

ここは元箱根

 

芦ノ湖のほとりにあるホテル「クリンゲルベア」

 

吾輩はここに

 

飼い主殿の管理人にくっついて

 

東京からやって来た猫である。

 

主殿からは「お師匠様」と呼ばれている。

 

吾輩は歴史ある建物を探索するのが趣味で、

 

いつの間にか、家を蘇らせる魔法を会得したからだ。

 

 

 

ここは、標高およそ800mくらい。

 

少しばかり、ひんやりとした空気が美味しい

 

美しい森と湖の国である。

 

 

 

箱根の定番観光コースから少し外れたところにある

 

元箱根・芦ノ湖・湖尻地区。

 

 

秋、すすき野原で有名な「仙石原高原」

 

温泉ソムリエがお忍びで来る「姥子温泉」

 

温泉黒たまごで有名な「大涌谷」

 

海賊遊覧船とワカサギ料理が名物の「芦ノ湖」

 

 

それら観光名所から少しだけ寄り道すると

 

古くからの別荘と保養所が林立する

 

静かな静かな別荘街がある。

 

それが、吾輩の住むところ

 

知る人ぞ知る「裏」箱根

 

略してウラハコである。

 

 

都会の喧騒を逃れて

 

吾輩はこのウラハコにやって来た。

 

 

都会の猫が

 

森と湖の国に来て

 

自然や動物と邂逅し

 

おっかなびっくり

 

日々の静かな生活から

 

「裏」箱根の魅力をお届け出来たら良いと思っている。

 

ゆっくり味わい、楽しんでほしい。

 

ウラハコから、こんにちは。

 

楽天トラベル(レンタカー)

【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集